乳酸菌サプリを摂取して腸内環境改善|体への負担は少ない

男性

ハーブの力で症状緩和

頭を押さえる中年女性

ブラックコホシュとは

更年期障害の不快な症状をやわらげるサプリの原料となる植物はいろいろあり、レッドクローバーや月見草などもそれに含まれます。ブラックコホシュという植物もそのひとつで、更年期障害の緩和に効果的であるとして注目されています。ブラックコホシュは北米を産地とするハーブで、キンポウゲの仲間です。アメリカではおもに先住民族によって昔から民間薬として使われてきました。薬効があるのはブラックコホシュの根や地下茎の部分です。それらを煎じてお茶として飲むという方法で利用されてきましたが、苦みがあるためサプリに加工されるようになりました。日本ではブラックコホシュはサプリとして販売されていますが、ドイツなどでは更年期障害の治療用の薬として扱われています。

PMSや骨粗鬆症にも効果

ブラックコホシュは、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと同様の働きを持っています。ホットフラッシュや頭重感、イライラなどの更年期障害の症状に効果があるのはそのためです。更年期障害と同じく女性特有の病気である月経前症候群(PMS)や生理不順に対しても、ブラックコホシュのサプリは効果的だといわれています。これらの病気もエストロゲンの不足や分泌の乱れが原因となって起こるためです。エストロゲンが不足すると骨粗鬆症になりやすくなることがわかっていますが、それはエストロゲンに骨密度を健康な状態に保つ作用があるためです。こうしたことから今後は更年期障害だけでなく骨粗鬆症の予防目的でもブラックコホシュのサプリを利用する人が増えていくでしょう。